Date

勤怠管理を楽にして!

勤怠管理に時間はかけられない
Breast Cancer Ribbon

最近の勤怠管理事情とは

最近の勤怠管理事情とは

勤怠管理と言えば、紙のタイムカードにレコーダーで打刻して・・・と言うパターンをよく見かけます。

出勤、退勤を打刻することで、かなり正確な時刻を記録することができるので、重宝されています。

しかし、集計して給与計算となるとこれが結構大変。

一人一人についてほぼ手計算が必須となります。

これだけIT化が進んでいる中で、勤怠管理の部分がこうしたアナログ的な作業が残っているのはどうして?

と素朴に感じる過多も多いと思います。

実はこれ、明確な理由があるのですね。

ユーザーが「自分で(時間を)記録する」というアクションを取らなくてはならず、ここが非常にIT化しにくい部分なのです。

つまり、判子やサインをおして時間を記録する。

カードをかざして時間を記録する。

システムを呼び出して時刻を入力し記録する。

いくつかの方法がありますが、どれも、「ユーザーが自分でアクションを起こす(時間を記録する)」作業が必要なのです。

なので、ユーザーが簡単に(かつ正確に)時間を記録できるようになるか?

が勤怠管理のポイントなのですね。

最近は、よいシステムが沢山出てきていますので、タイムカードからITを駆使したものに、移行を検討するチャンスかも知れませんね。

勤怠管理のIT化はじめてみませんか?

勤怠管理と言えばタイムカードで打刻、というイメージがありますが、最近はスマートなものも出現しています。

代表的な物が「ICカード」でしょうね。

社員一人一人に配って、カードをかざすことで、出勤・退勤時間を自動的に記録してくれるというスグレモノです。

勿論、給与システムとも連携してくれますので集計や給与計算も自動化することができ、経理関係者の手数を大幅に削減してくれます。

デメリットは、システム化に結構経費が掛かる事、一人一人にカードを作成しなくてはいけない点ですが、これも最近は安くて良いシステムが沢山出てきていますので、より自社にあったシステムを選択することが可能になってきています。

カードの作成も複合機からの出力で対応が出来てしまう物さえ出現して、手間も経費も削減してくれます。

便利になった勤怠管理

勤怠管理をしなくてはいけない人数が増えるとそれにかかるコストも増えるのは避けられませんが、それ以上にIT化デジタル化することによるメリットの方が上回ることは言うまでもありません。

勤怠管理のIT化、検討する時期にきていると思いませんか?

Comments are closed.